【2019ハワイ】野生のイルカと泳ぐ

オアフ島でのオプショナルツアー2つ目は、私がかねてからやりたかった「野生のイルカと一緒に泳ぐツアー」です

「イルカと一緒に泳ぐ」ツアーは、企画する会社によっては年齢制限があります。特に「野生のイルカ」となっているものは、8歳以上となっているところを何件か見ました。

今回は花子も込みで体験したかったので、6歳でも不可ではなかった「IRUKA HAWAII EXPERIENCE」というところで「名門イルカ大学」というインパクト大の名前がついたツアーを申し込みました。

当日の流れはこんな感じです。

朝5時半

宿泊していたコンドミニアムがあるイリカイホテルの前まで40名くらいが乗れる観光バスでお迎えがきました。

そこからワイキキ各ホテルでお客さん(ほぼ日本人)をピックアップして行きます。バスはほぼ満席でした。

スタッフは日本語、英語バイリンガルな方が2名乗っていました。その方から日本語で諸注意の説明などを聞きながらバスは一気にオアフ島西部の海岸(ワイアナエ港)へ。

朝7時ごろ

ワイアナエ港に到着。朝日に照らされる海岸や山が神々しくて綺麗でした。ワイキキとは違って自然豊かです。

港ではウミガメも泳いでいて、こんなところで会えるなんて!と早速感動してしまいました。

穏やかな港
足元にふと現れたウミガメ

 

7時半頃

専用の船に乗り込みます。バスから同行したバイリンガルスタッフの他に、船上で働く英語オンリーのスタッフが船長さん含めさらに4、5名いらっしゃいました。

皆さん陽気で、気分を盛り上げるよう声掛けをして下さいます。

乗った船これです。

ホテルから着てきた水着の上に、ウェットスーツを着ます(有料ですが、合うサイズをすぐ出してもらえます)。寒さが気にならない方は借りない方もいました。

ライフジャケットとゴーグルとフィンは無料貸し出しで、フィンも足のサイズに合ったものを借りれます。ただし20センチ未満はないそうで、花子は素足でした。

船長さんがイルカのいそうなスポットへと船をどんどん進めていきます。

その間、ハワイ式のお祈りの歌を歌ったり、安全にかかわる諸注意を聞いたり。

8時過ぎ

イルカ発見!

ということで、順次海に入って下さいと指示がありました。

我が家は子連れなので最後に海に入りました。花子が怖がるかなと思ったのですが、その場の雰囲気に飲まれてすんなりとダイブしました(驚き)。同じツアーに小学校高学年くらいの子がいて、その家族がためらわずに行ったのが良かったのかもしれません。

花子と手を繋いで両サイドを私と夫が挟む形で泳いで行きました。(花子のことは、随所でスタッフの方々も手厚くフォローして下さいました。)

イルカと遭遇!

私達のすぐ下にイルカたちが泳いでる!

イルカたちが悠然と泳ぐ姿が見えました

子供のイルカもいる!キューというような鳴き声も聞こえる。

こんな近くで一緒に泳げるなんて思ってなかったので感動しました。

スタッフの方曰く、今日はすぐイルカに会えて非常にラッキーな日ですとのこと。しばらくイルカ近辺にいて、何度か間近で泳げました。

9時ごろ

その後は、船に戻って浅瀬方向に船ごと移動しシュノーケリングです。

きれいなお魚、ウニなど、花子は飽きずに黙々と潜って見ていました。

元気な方々はスライダーやカヤック、船の2階からのダイブをされてました。我が家はそこまでする元気がなかったです。

花子もこの頃になって「海って結構怖いね、というか海で泳ぐの初めて」「海の水が塩っぱいんだけど!!」と我にかえってました。

シュノーケリングでの記念撮影。この恰好でイルカとも泳ぎました。

10時過ぎ

一通り遊んで、船上に全員戻ってきて、ツアーにふくまれているハンバーガーランチ。

そして貝笛やフラダンスをしていたら、あっという間に元の港に帰着していました。

11時過ぎ

行きと同じ送迎バスに乗って一気にワイキキへ。宿の前で下ろしてもらって、お部屋に着いたら12時半でした。

約半日のツアーでしたが、大満足のツアーでした。

花子もいきなり足のつかない海、イルカ、シュノーケリングと初体験が盛りだくさんでしたが、よく付いてきてくれました。

でも他社の多くのイルカと泳ぐプログラムは8歳以上などと制限をつけていたのも納得。海が初めての6歳がいきなり体験するにはちょっとスパルタだったかな、というのが私と夫の感想です。

でもまた機会があったらもう一度行ってみたいくらい、私にとっては今回の旅の1位2位にランキングする経験でした。

     

・・・MEMO・・・

「名門イルカ大学」 
大人$155/小人$125 (小人料金は3~11歳、幼児は0~2歳で無料 )/船からの見学(船上のみ)$125 、 ウェットスーツレンタル 大人用10ドル /子供用5ドル 

 


お読みいただきありがとうございます。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ