【2019ハワイ】Remember Peal Harbor(1)

今回のハワイで絶対に行きたかった場所は真珠湾(パールハーバー)です。

夫の方がその思いは強く、日本からガイドツアーを申し込んでいました。2日目に私&花子とは別行動して、一人でゆっくりと見学に行ってしまいました。

そんなわけで家族3人揃って真珠湾を訪れたのは5日目(帰国日)でした。

真珠湾は Pearl Harbor National Memorial として歴史的意義のある観光スポットとして米国政府によって整備されています。また今でも海軍基地があります。

観光客に公開されているのは、1. 沈んだ戦艦アリゾナとその記念碑、2. 潜水艦USSボウフィン、3. 戦艦ミズーリ、4. 太平洋航空博物館  の4つとなります。

夫は既に自由行動した日に1、3、4を1日がかりでゆっくり見て回ったそう。今回家族3人では時間の都合から、1,2を見ることとし、3,4は近くまでシャトルバスで行ったけど中には入らないことにしました。

 

朝8時過ぎに泊まっていたコンドミニアムをチェックアウトして、The bus(路線バス)の49番に乗りパールハーバーへ向かいます。

家族3人ともバックパック1個で来た旅なのでとても身軽です。同じバスには米国人旅行者が何組か乗っていました。

The busの中の様子。地元の方が多いです。降りたい時は窓にかかっている紐をひっぱて知らせるというアナログ方式。

ワイキキからバスで約45分。Pearl Harbor National Memorial  に到着です。

場内に入るには手前のセキュリティオフィスで手荷物を預けなければなりません。お財布、カメラ、小さいペットボトル(中身が透明に限る)は持っていても大丈夫です。中の売店で飲み物やスナックは買えます。

なお日本人にとっては心情的に行き難い場所のようで、場内では日本人とはほとんど会いませんでした。一方で欧米人にはとても人気が高い観光地だそうです。

一番の目玉とされる戦艦アリゾナに行くための船は定員があり、最初にVisitor centerで「何時何分の便」という指定が書いてあるチケットをもらわねばなりません。

11時くらいには、その日の戦艦アリゾナ行きのチケット配布は終了したとの案内が出ていました。我が家は9時ごろチケットをもらったのですが、それでも乗船は11:15でした。

2時間近く間があいたので、シャトルバスで戦艦ミズーリと太平洋航空博物館前まで行きました。時間の都合で私と花子は中に入れなかったのが残念です。

そして潜水艦USSボウフィンに入りました。

右に見えているのが潜水艦です。

これがなかなか見ごたえがありました。潜水艦の乗組員がいかに閉塞した環境で生活し、仕事をしていたかが分かります。

花子は潜水艦を最初は「怖い」と言っていましたが、なかの不思議な作りにすっかり魅入っていました。

内部はとても狭いし段差ばかり。こんなところで数か月すごすなんて過酷。

一気に2時間がつぶれて、ついにアリゾナです。

(長くなったので(2)に続きます。)


お読みいただきありがとうございます。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ