【初めてのペット②】コロナ禍でペット価格が高騰中

未分類

初めてペットを飼うことを検討している話↓の続きです。

ペット販売価格の高騰、って知っていました?

ニュースに疎くて知りませんでしたが、コロナ禍になってからペットを飼い始める人が急増したそう。

ペットショップで仔犬や仔猫が品薄となり、価格が高騰しているのだそうです↓

STAY HOMEが叫ばれ、外でのレジャー機会が激減し、在宅ワークが浸透する中で、「家にいる時間で楽しみを」ということでペットに向かったようですね。

都心のペットショップを覗くと、仔犬は40万円以上と高額。

これは「都心価格なのかな」と思っていましたが、一概にそうとも言えないのですね。

この表示価格に色々なセット(予防接種や保険とか)をつけると、+10万、20万の世界だそうです。

これは高額すぎませんか?

保護犬界隈でも変化が起きている?

我が家は保護犬を迎えようと決めたので、時間があるときに保護団体のHPやブログをチェックしてみました。

そうした団体の発信情報を拝見すると、「コロナ禍で保健所に持ち込まれる犬は減った」そうです。

前述のように、むしろ皆がペットショップで新たにペットを迎え入れている時期。

しかし「これからコロナが終息して、人々が以前のように外のレジャーに行くようになると遺棄される犬は増えるのではないか?」という懸念を書いている保護団体もありました。

嵐の前の静けさ、というものでしょうか?

一方で、悪質なブリーダーの崩壊はあるようで、犬たちをレスキューするという出来事も、保護団体さんのHPを見ると定期的にあるようです。

痩せこけていたり、人間を過度に怖がったり、ケージから出て歩くことも知らない犬の記事を見ると、やはりペットショップで買うのは辞めたいな、という気持ちが強くなりました。

娘の希望はフレンチブルドッグだったけど

娘は鼻がぺしゃっとなった犬種(パグとか)が好きだそうで、なかでもフレンチブルドッグが良いと↓

調べてみると、フレンチブルドッグは比較的飼いやすい性格であるが、体温調節が苦手で非常な暑がり、鼻の周りの皮膚トラブルをおこしやすい、という困った点があることを知りました。

しかし保護団体のサイトをいくつか見ても、フレンチブルドッグで里親募集の子はおらず。

比較的育てやすい人気犬種のため、手放す人が少ないのか?

他の犬種も含めて探すことに

フレンチブルドッグに絶対的なこだわりがあるわけではないので、他の犬種も含めて探してみることにしました。

東京都に登録されているいくつか団体のHP↓を見ていく中で、ここは堅実に活動していそうだと判断できるNPO団体を見つけました。

里親募集には一頭、一頭の様子や個性などが預かっているボランティアさんによって紹介が書かれていています。

場合によっては個別ブログ記事もあったりして、読んでいくうちに一匹一匹のストーリーに引き込まれてしまいました。

そんななか、「おや?」と思う子に出会いました。(続きます)


お読みいただきありがとうございます。
.......
▽ブログ村、参加しています

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
.......

▽twitter始めました!コメントもこちらへどうぞ。

七瀬ななこのtwitterへ@7se77ko

タイトルとURLをコピーしました