【COVID-19】子育て世代にとってとりわけ悲痛なニュース

世の中のこと

気が滅入るような、新型コロナウイルスでの死亡のニュース

昨日流れてきたこちら↓

そして今朝流れてきたこちら↓

子育て世代の我々にとっては、悲痛なニュースですね。

これだけ感染力の強いデルタ変異株が蔓延している今、明日は我が身かもしれません。

珍しいことではない

ニュースになっているから、「それは特別なケース」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、今や珍しくないです。

私の仕事場でも似たような死亡ケースがありました(守秘義務で細かいことは言えませんが…)。

はやり同世代や、自分よりもずっと若い方、さらには子供の死亡となると、医療従事者も身に堪えるものが大きいです。

9月からの学校をどうするのか?

娘の学校は、夏休み期間中も生徒やその家族に陽性者が出たら連絡の必要があります。

実際きちんと連絡されている方が多い様で、個人を特定できない範囲での感染情報のお知らせが、夏休み中も届いています。

1学期の間よりも夏休み中の方が、発生頻度が高くなっています。

今や子供が保育園、習い事、学童などでもらってきて、家庭内で拡散していると考えられるケースが増えています。
(当院の発熱外来で見ているとそういう傾向が顕著です。)

こんな中、小学校~大学までが再び対面で始まってしまったら、今よりもっと厳しい状態になりそうです。

娘の学校が1年前のようなオンライン+分散登校になればいいと思っていますが、まだ学校からの案内がなく待ちの状態です。

感染対策として学童の利用を減らしたい

うちの娘ですが、感染対策として夏休み中はサピックスを欠席させていて、他の習い事もオンラインが可能なものはオンラインにしています。

しかし学童は週3程度で行ってもらっているので、これをそろそろ減らしたい…。

学童時間を減らすということは、夫の在宅勤務を増やすか、もしくは娘の一人お留守番を増やすか、しかないので、現在夫と娘と交渉中です。


お読みいただきありがとうございます。
.......
▽ブログ村、参加しています

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
.......

▽twitter始めました!コメントもこちらへどうぞ。

七瀬ななこのtwitterへ@7se77ko

タイトルとURLをコピーしました