【小2】読書感想文を書きました、その対策など

小2前半

娘の読書感想文。

本日取り掛かってみました。

はじめての読書感想文

通っている学校では読書感想文の宿題は1年生時にはなかったです。

そして今年2年生夏休みでも学校の宿題としてはなしでした。

けれどこのまま書く経験がないのはもったいないな…と。

そんな時、通っているサピックスから主催する読書感想文「さぴあ 作文コンクール」の案内をいただきました。

娘が「出してみたい!」と意欲的だったので、今年初めて読書感想文に挑戦してみることにしました。

とりあえずは7月のうちに課題図書を読みました。

created by Rinker
¥1,210 (2021/07/27 13:52:00時点 Amazon調べ-詳細)

低学年課題図書を7月に購入して、花子に読んでもらいました。
そして私も読んでおきました。

「友だち」がテーマのお話でした。

どういう風に文章を組み立てるか?

花子は「どうやって書けばいいか分からない」と。

はじめての読書感想文ですし、他の子が書いた感想文も読んだことがないので、まぁ当然の反応ですね。

小学2年生が書いた読書感想文の実例としては、こちらの賞を昨年受賞された方の文章が載っていましたので、花子にも読んでもらいました。

読書感想文全国コンクール公式サイト
半世紀を超えて多くの児童や生徒に取り組み続けられている読書感想文。読書の感動を文章に表現することを通じて、読書の楽しさや素晴らしさを体験してもらい、子どもや若者たちの考える力を育んでいます。

また書き方については、こちらのドラえもん「読書感想文が書ける」という学習漫画を投入。

予想よりはるかにたくさんの、読書感想文の書き方、文章の組み立て方が解説してありました。

あまりにもたくさんのパターンが紹介してあったので、小学校低学年の子が全てを理解するのは難しいそう…
(花子は漫画の部分は全部読んだそうですが、文章のみのところは読む気力は湧かなかったそう。)

というわけで、私が分かりやすい組み立てパターンを選んで、それに沿って書いてもらいました。

もちろん、途中で何度もアドバイスを入れ、肉付けしました。

そんなわけでどうにか書き上げました

とりあえず書き上げましたが、花子の書きっぷりはたどたどしく…。

これは何度か練習して慣れる必要があるな!!と痛感しました。

練習のため、他にも応募してみます

少し前に、購読している読売kodomo新聞でも、以下の様な募集が出ていました。

「お気に入りの1冊をあなたへ」という作文コンクール

こちらは課題図書はなく、図鑑や写真集、漫画も対象だそうです。

良い機会なので、こちらにも別の本で書いて、応募してみたいと思います。


お読みいただきありがとうございます。
.......
▽ブログ村、参加しています

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
.......

▽twitter始めました!コメントもこちらへどうぞ。

七瀬ななこのtwitterへ@7se77ko

タイトルとURLをコピーしました