【台風】被害とは隣り合わせ・・・を実感しました

今回の台風19号、河川の堤防の決壊、浸水などで被害が多数出ています。まだ停電や断水なども続いているエリアもあり、ご心労が続いている方も多いと思います。心からお見舞い申し上げます。

昨夜娘のクラスの保護者ライングループで、避難されていた同級生もいたことを知りました。

そして職場でも避難所に行ったという同僚もいました。

どちらも幸いにもご自宅は浸水しなかったそうで何よりです。

本当に今回の台風は、私の暮らしのすぐそばで起き、ちょっと進路が違ったら私も色々直接的な被害を受けたかもしれないと感じました。

・・・

そしてなんと先週ふるさと納税の返礼品(ぶどう)を届けていただいたばかりの、長野県東御市(とうみし)でも被害が大きかったようです。

品物を受け取ったばかりだったので、なんだか報道がより生々しく感じられました。

楽天市場で「ふるさと納税」制度を利用した東御市災害義援金を募集していたので微力ながら義援金を送りました。

その他の自治体でも同様に「ふるさと納税」を利用した義援金を募っていますので、ご興味ある方は検索してみてください。

・・・

また今回、長い反対活動からやっと建設事業が再開し、試験湛水の状態であった八ツ場ダムが一気に平常時最高貯水位 まで水を貯めたという報道もされていました。

実は 八ツ場ダムに沈んでしまった 川原湯温泉に、沈む前に(町が閉鎖される前に)夫とデートで行ったことがありました。ダムで沈むことが決まったなんだか儚げな温泉でした。もうあの温泉地はダムの中です。

あの町が利根川水系のために犠牲なってくれたんだ…と思うと感慨深くなります。

川原湯温泉街は、ダムの近くに移転し営業されているそうです。いつかまた行って見たいなと思います。


お読みいただきありがとうございます。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ