【両国】大浮世絵展に行ってきました

今日から師走ですね。

本当に1年あっと言う間です。

そんな中、花子と訪れた場所。

両国にある江戸東京博物館の常設展と企画展「大浮世絵展」に行きました。

浮世絵と言われても分からない花子には

タイムワープ(歴史漫画)で出てきたでしょ!」と言ったら、

「あれねー!」と分かってくれました。

↑この巻に葛飾北斎が出てきます。

漫画のお陰で歴史知識の種蒔きができています。

5人の絵師と有名な作品が集っていました

今回は人気の高い5人の絵師(喜多川 歌麿、東洲斎写楽、葛飾北斎、歌川広重、歌川国芳)にフォーカスを絞った展示。

海外に離散した浮世絵作品も一堂に集まっていました。

素人な私でも「あの作品ね!」というのが幾つもありました。

訪れたのは日曜日の午後でしたので、場内は混雑していました。

音声ガイドが楽しかった!

最近は博物館では花子希望で、有料の音声ガイドを借りるようにしています。

今回は1年生には難しいかな…と思っていたのですが。

語り手が落語家の春風亭一之輔 さんで、とてもお話が楽しかったと。

平凡な感想で申し訳ありませんが、北斎ってすごいと思いました。

私は5人の絵師の中では北斎が一番すごいと感じました。

スケッチ力が卓越しています。

ゴッホが模写していた、というのも納得です。

花子は北斎の引っ越し歴が95回というところを面白がっていました。

浮世絵、楽しかった!

最初は「浮世絵たのしくなさそう…」と言っていた花子でしたが、最後には「すごく面白かった!」と。

行ってみて良かったです。

大浮世絵展の会期は 2019年11月19日(火)~2020年1月19日(日)です。

前半12/15までと後半12/17からでは展示作品も異なるそうで、音声ガイド内容も変わるそうです。

東京の後は福岡、愛知と回るそうなので、お近くの方はぜひ。


お読みいただきありがとうございます。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

1件のピンバック

コメントは現在停止中です。