【マンション購入記】インテリアオプション会での価格に驚く

マンション購入

新築マンションだと、引き渡しの数か月前に「インテリアオプション会」というのが開かれます。

今回はその話を。

インテリアオプションとは?

インテリアオプション会はマンション販売会社が主催で、案内もマンションのデベロッパーから来ますが、実態は提携会社によるセールスの場です。

提携の家具屋さんなどの担当者と次々と商談できる場となっています

カーテンや家具(作り付け家具を含む)、壁紙変更、エアコンや照明などの必須備品、フロアコーティングなど、大規模な設計変更を伴わないものを申し込めます。

もちろん、このオプション会で必ずしも買う必要はなく、自分で別のところで購入や設置依頼することもできます。

我が家はすでに「設計変更」の段階で、インテリアオプション会にも含まれていた以下をお支払い済みでした。
これらは「インテリアオプション会」でも申し込める項目です。

  • 壁紙変更
  • キッチンの作り付け食器棚(カップボード)
  • トイレ・洗面所の吊戸棚

↓我が家の「設計変更」についてはこちら。

なぜ「設計変更」という早い段階でこれらを頼んだかというと…担当していただいたコーディネーターさんから次のように耳打ちされたからでした。

「インテリアオプション」という引き渡し数か月前でこれらを頼むと、すでに貼ってある規定の壁紙をはがして新しいクロスを貼るor家具を作りつけるため、元のクロス撤去費用がプラスされてしまうと。

なのでどうせ申し込むなら、「インテリアオプション会」よりも撤去費用が掛からない「設計変更」の段階の方がお得と。

オプション会は高い!は本当なのかな

ネットで調べると、この「インテリアオプション会」で購入すると、他で買うよりも割高という口コミが目立ちます。

そのため、私もちょっと用心しながらこのオプション会に臨みました。

その場で即決することはしないで実物やカタログを見せてもらって、相談して、見積だけ頂くつもりで行きました。

購買意欲の低いお客さんですみません…って感じです。

本当に高かった!!

この会の前に、各社から分厚いカタログが送られてきて、それを見ながら購入してもいいかなーと考えていたものが3つありました。

  • 1つ目はリビングの作り付け家具
  • 2つ目はカーテン
  • 3つ目はエアコン

作り付け家具については図面を書いてもらって、エアコンについてはカタログを見ながら相談させてもらって、カーテンについてはサンプルを多数見せていただきました。

作り付け家具やカーテンについては、専門スタッフが対応してくれました。

そしてこれらの見積もりをその場で頂きましたが・・・

いや、本当に高い!

作り付け家具

ネットで調べていた他社さんと大きく変わらない~10%くらいは高めな気がしました。

作り付け家具って、その場所にぴったりサイズで作るから見た目は美しいんですよね。

カーテン

グレードの高いm単価が高いものしかなくって、その中から相談しながら選びました。

角部屋で窓が多めという事情もあり、全窓につけると30万円強

エアコン

各部屋に付けると計4台必要で、60万円弱(室外機や設置工事費込み)。

他で頼むよりも配管ダクトを美しく仕上げられます、と盛んにセールスされました。

オプション会で頼むメリット

オプション会で頼むメリットは以下です。

  • 入居前までに全て設置した状態となり、余分な手間は一切なし。
  • オプション会で契約すれば、合計額から10% offになる。

いやいや、でもこのお値段で即決はないでしょう。

心でそう思いつつも、顔ではにこやかに「主人と検討しますね」と言ってその場を去りました。

このオプション会の商談は合計2時間半くらいかかりました。(それでも平日の時間枠だったのでスムーズに済んだ方だと思います。)

結局自分で手配した方がお安い

帰宅してから、主にネットを使って検討し直しました。

エアコン

4台とも夫が購入することになっていたので、夫に上記見積もりを伝えたところ、

「そんなにするわけないでしょ。他を当たってみる」となりまして。

結局は工事費込みで、見積で頂いたのと全く同じ品番の4台のエアコンが35万円で収まりました。

オプション会での見積もりの約6割になりました。

カーテン

実家や以前のマンションでの経験上、専門店でオーダーすると確かに素晴らしいんですよね。部屋の格が上がる感じで。

でも、1つ前のマンションで自分で採寸してネットオーダーしたカーテンも決して悪くはなかったのです。

要は採寸が肝。そんなわけで今回も自分で採寸して、ネットで1cm単位のオーダーメイドで注文しました。

↓どちらも楽天の「窓際貴族」さんの2倍ひだのもので、直前の住居の一部の窓で使っていたシリーズです。
このレースは透け感が強く目隠しにはならないので設置する窓を選ぶかもしれませんが、シンプルかつ優雅なんです。

↓遮光カーテンは形状記憶がよく効いていて、また厚みと光沢もほどよく、安っぽさがありません。

ネットで買ったことで、合計約10万円となり、オプション会の見積もりの約1/3で済みました。

ただしこれは生地のグレードが違うので単純比較はできないです。

リビングの作り付け家具

色々調べると「備えつけてしまうと替えたくなったときに簡単には移動させれない」という流動性の低さをデメリットとして強く感じるようになりました。

今ある家具を置いて動線などの様子をみた方が良いのでは?という考えに至って購入しませんでした。

相場を調べてから購入を

そんなわけで、価格設定にびっくりした「インテリアオプション会」。

「設計変更」とは違い、「インテリアオプション」は後で他社にも頼めるものです。

焦ってその場で購入する必要は全然ないです。

よっぽど忙しい方や予算が潤沢な方は、オプション会で全てオーダーした方が手間が省けていいとは思いますが…

普通の経済力の家庭は、相場を調べた上で納得できる業者に頼む形がベストです。

あまりにも割高なので「世の中にはこんな商法もあるのね」と知ることができて、ひとつ大人になった気がしました。

・・・

他の方の体験談もたくさん(ブログ村テーマ)→ マンション購入


お読みいただきありがとうございます。
.......
▽ブログ村、参加しています

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
.......

▽twitter使っています!コメントもこちらへどうぞ。

七瀬ななこのtwitterへ@7se77ko

タイトルとURLをコピーしました