【ピアノ移籍問題】カワイ音楽教室の体験レッスン、ヤマハとの違いに戸惑う

娘の習い事

習い事を今の住居近くにまとめてしまいたい! という私の願望。

とりあえずはピアノ教室から移動できるかやってみよう、とスタート。

まずは近所の個人ピアノ教室をリサーチ。

が、いいなと思っても満席だったり、ホームページからの情報が少な過ぎたり。

そもそもヤマハで習っているから、ヤマハに移ればいいのですが、ご近所だとアクセスがしにくい場所にあるんですよね…。

そんな時、アクセス良好な場所にカワイ音楽教室を発見。

ここなら家からでも学童からでも花子一人で十分行ける場所!

というわけで早速体験レッスンを入れてみました。

体験レッスンで感じたヤマハとの違い

あくまで私が行ったヤマハとカワイの一教室ずつの違いになってしまいますが、

感じたことを書きます。

その1 カワイの場合、小学生は個人レッスンのみ

ヤマハと同様に未就学児はグループレッスンが主のようですが、

小学生は個人指導のみで、グループが選べません。

その2 カワイの場合、講師本人に営業をさせてる

体験レッスンの確認電話も、当日のレッスン体系や料金の仕組みについての説明も講師からでした。

うちが通っているヤマハは、講師と事務の仕事が完全別です。

電話確認や料金のことなどは事務の方が一切を取り仕切ってます。

なので講師から料金に関する説明が延々あるのに驚きました。

その3. 講師が親を見ていて、子供を見てない?!

これは講師によるのかもしれませんし、その2に関連して初回だから事務的な説明が随所で必要だったからかもしれませんが。

体験レッスン中に、親の反応をいちいち見て、子供が置いてけぼりでした。

初回からこんな感じで大丈夫かしら、と思いました。

思い出すとヤマハの体験レッスンは、講師は子供に集中してました。

子供が楽しい!できた!と感じさせるのが中心でしたね。

その4 カワイではピアノ購入が必須と。

今まで電子ピアノでやってきた、と言うと、

カワイの先生には「アコースティックピアノが必要です!」と一刀両断されました。

公式パンフレットにも、この品番のカワイピアノがおススメ!というのが記載されており、その説明をされました。

しかしいきなり100万円以上もする自社商品が必須というセールスをされ、何だかなーな気分に。

ヤマハは、できればアコースティックピアノ、でも難しければ電子ピアノで構いませんのスタンスでした。

そんなわけでカワイはちょっと違うかなと

以上読んで分かるように、カワイでは我が家のピアノ(音楽)を、今までのペース通り続けさせたいのニーズとは合致しそうにありません。

カワイ音楽教室への移籍は見送ることにしました。

というか、無意識でしたがこの3年ですっかりヤマハの流儀に慣れすぎてました。

だからカワイが劣っているとかそんなわけでは決してないですよ!

ちなみに花子の反応は…

グループレッスンの方が楽しいし、頑張れると思んだよね

そう、花子はやっぱりグループレッスンが性に合う子。

そして私の目から見ると、ヤマハ幼児科から足掛け3年ずっとお世話になっている先生との相性も良いと感じます。

なのでこの先生や環境を上回る余程のプラス要因がないと、親も子も納得できないだろうな。

親子とも比較的こだわりがないピアノに関してもこれだけの違和感があったのですから、

花子が大好きなバレエ教室の場合は移籍がもっと難しそうです。



お読みいただきありがとうございます。
.......
▽ブログ村、参加しています

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
.......

▽twitter始めました!コメントもこちらへどうぞ。

七瀬ななこのtwitterへ@7se77ko

タイトルとURLをコピーしました