【COVID-19】首長がワクチンを先に打つのはありだけど、医療従事者とはゆめゆめ思わないで欲しい

世の中のこと

コロナワクチン接種、まだスムーズに予約・接種ができてない部分もあるようで・・・

そんななか、せっかくのワクチンを破棄しないというのも大切だと思っています。

首長のワクチン先行接種、ありだと思っています

この高齢者接種の時期に、破棄される分を自治体首長が接種したことについて、批判が上がっていたようですね。

「ルール違反だ」とか「老人を差し置いて」など・・・。

いやいや、そもそも広く早くワクチンを接種することが最大の目的で、たまたま日本は順番として医療者→高齢者にしていただけ。

キャンセル廃棄分であればそれ以外の人に打って無駄にしない、というのは目的達成のために合理的です。

しかも首長は、自治体のリーダーで、ワクチンのことだけでなく色んな行政業務を円滑に進める責務があります。
新型コロナに罹ったり可能性を下げる、また万一罹った時に働けない期間を短くする、空白期間をできる限り少なくする責任があります。

だから早い時期に打つのは当然だし、批判されることではないと思います。

また高齢者でキャンセルが出たときは、首長以外でもその日すぐ打てる方に打つのはありだと思います。
特に不特定多数に接する公共性の高い仕事の方(介護士、救急救命士や、教員、保育士など)は、若い方であっても早く打つのがよいと思います。

ルールにこだわって本質を見失うのは悲しいことだなと思いました。

でも首長は「医療従事者ではない」と思います

首長が優先的に接種を受けた理由について、「行政のリーダーとして空白期間を作らないため」と説明している方が大半でしたが、

なかには「公的病院の施設長であるので、私も医療従事者だ。だから優先接種を受けた」という説明の方もいましたね。

これは、私を含め、私の周りの医療従事者も「違ーうーだーろー!!」でした。

「医療」を笠にすれば許されるだろうという意図が見え隠れして、実際現場で頑張っている医療従事者の気持ちを踏みにじっています。

語弊はあるかもしれませんが、医療は汚れ仕事です。
患者さんの体液・汚物に晒されコロナ以外の感染リスクと隣り合わせなのが医療従事者なのです。

そうでなくてあなたの本来の責務は行政のリーダー。
そのことに胸を張って、その責任遂行のためとどうして言えないのか、とてももやもやしました。


お読みいただきありがとうございます。
.......
▽ブログ村、参加しています

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
.......

▽twitter始めました!コメントもこちらへどうぞ。

七瀬ななこのtwitterへ@7se77ko

タイトルとURLをコピーしました