【COVID-19】陽性を受け入れるほど病院が減益する

私の勤める病院もそうですが、新型コロナウイルスの流行に伴って、病院を受診する患者さんが減っています。

特に必要性の無いことで受診するのは、今回に限らず避けるべきで、受診抑制自体は良いことだと思うのです。

が、コロナ陽性患者を受け入れた病院ほど、費用の面で損失が大きくなっています。
↓詳しくはこちら

コロナ陽性患者一人当たりにかかる医療資源は、防護服や個室隔離などもあって高い医療費となります。

とくに重症で人工呼吸器など付けた日には、一体何人のスタッフが24時間入れ替わり立ち代わり処置を施しているのか。
重症ほどより高コストな医療資源を投じています。

しかし現状ではそれに見合っただけの保険点数を請求できないので、全て病院の「持ち出し」(病院側の負担)となってしまいます。
つまり重症が多くいるほど、陽性患者を多く受け入れるほど病院の収益は厳しくなります。

また、コロナ陽性症例をや疑い症例を扱うスタッフには危険業務への不満を持つ人も一定数いて「危険手当て」として給料に相応の額を上乗せすべきだ、という意見もあります。

「医療費」の問題を国がきちんと整理し補助を出す、もしくは保険点数を改めないと、財政的に潰れないためにコロナを受け容れないとする病院も出てくると思います。

病院によっては既にボーナスカットが言われているようです。
リスクがありながらも、使命感で毎日出勤しているのに、そんな憂き目に遭うのは理不尽ですね。


お読みいただきありがとうございます。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ