【COVID-19】自衛隊看護師の派遣

世の中のこと

自衛隊看護師の派遣という切り札

新型コロナウィルス感染が拡がり、医療体制も崩壊しつつある大阪府と北海道旭川市に、自衛隊看護師派遣のニュース

https://news.yahoo.co.jp/articles/eaf78a2de1365f5fe675a1945f0c4080fe52f18c

記事で「最後の手段」と書いてますが、本当にそう。

大阪府などコロナ病床を増やすというものの、看護師不足をどう対処するか以前から気になっていたのですか、自衛隊という最後の切り札を使うとは。

大阪府、旭川市のみの派遣で済み、うまくコントロールできればいいのです。
しかし他の自治体も次々要請する可能性もある、という事態も十分想定できます。

自衛隊看護師の数にも限りがありますし(1000人程度、普段は自衛隊病院に勤務、自衛隊病院もコロナ患者を受け入れています)、全員が人工呼吸器ケアなどができるわけでもない。

また知らない体制で一から働くのは、同じ職種といえ大変なことで、現場は混乱します。ローカルルールは病院、もっと言えば病棟でまちまちで、残念ながら一時的に看護の質は落ちてしまうと思います。

病床数を増やせば良いと政治家は考えているようですが、患者数を増やさないのが一番だと思います。

インフルエンザは抑圧できても新型コロナは難しい

多くの人がマスクをし、手指消毒にも気をつけている2020年。

日本での2020年インフルエンザの罹患数は過去5年平均と比べて、大幅に減り1%程度という驚異的な数字になっています。

インフル今季累計でたった522人、例年の0.3%以下:2020年9月からの17週間で
新型コロナとインフルエンザの同時流行が起こったら…という危機感があったが、2020/21年シーズンはこれまでのところ、インフルエンザ患者が記録的に少なくなっている。

つまりインフルエンザなら【既に罹ったことがある人も多く予防接種もあるウイルス】なら、今くらいの対策(経済活動も大きく制限しない)でも十分防げる。

それに比べて新型コロナは、今程度の気をつけ方では十分防げないくらいの感染力がある。

やはり大変面倒なウィルスです。


お読みいただきありがとうございます。
.......
▽ブログ村、参加しています

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
.......

▽twitter始めました!コメントもこちらへどうぞ。

七瀬ななこのtwitterへ@7se77ko

タイトルとURLをコピーしました