【2年生】学童を辞める子もチラホラ

進級のタイミング、とりわけこの春はコロナでStay homeや親の在宅ワーク化があったため、学童の行き渋りや退所があるようで。

娘の民間学童でも、2年生になって辞めた子が数名いるとか、お子さんが学童行きたがらなくて困っているとかいう聞きます。

となると、娘も「辞めたい」と言い出さないか心配です。

が、今のところ全くそんな気持ちはなく。

家で一人お留守番するよりは、絶対に学童!というくらい楽しんでいます。

学童を好きな理由

学童のお友達(他校)と自由に遊べる、という魅力があるのはもちろんですが。

毎日習い事プログラムが好きで楽しみだそう。

娘の学童は、利用曜日ごとの習い事プログラムは、その日利用するなら必須です。(料金にあらかじめ組み込んである。)

どうしても嫌だ!となれば、その時間は隅の方で読書などして過ごすようですようです。

娘曰く、ロボット教室の日は毎回参加拒否の女子が数名いるそう。気持ちはわかります。
娘は逆にロボットが一番好きなんだそう。

この民間学童に決める前、曜日ごとの習い事プログラムが必須であることは、良いことなのか?と悩みました。
決してお安くはない料金で、プログラム拒否してもお値段はその分安くはならないので、もったいないことにならないかなと。

しかし娘の場合は、それが悪くは作用していないようで、ホッとしています。

いつまで学童を利用するか?

民間学童なので退所年限はありませんが、4、5年生で在籍者はガクッと減るようです。
6年生で在籍した方は、過去1名しかいないとのこと。

となると娘の学童生活もあと2、3年くらい。
結構あっという間ですね。


お読みいただきありがとうございます。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ