【Withコロナのレジャー】高尾山登山で自然を満喫

緊急事態宣言中は、娘と近くの公園ぐらいしか行きませんでしたが。

昨日日曜日は、思い切って高尾山まで行ってきました!

母娘二人でゆるく登山。

子どもを持つ前、八王子市の某病院で当直バイトをしていた時期があり、都心から京王線に乗ると登山客の皆様とご一緒する形でした。

いつか行ってみたいと思っていたのですが、ズルズルと時は流れて…10年位経ち、やっと行った次第です。

なお当日仕事な夫は置いて行きました。

朝早めに出て密を避ける。

8時には高尾山口駅に着くようにするため、6時過ぎに自宅を出ました。

案の定、8時で高尾山口はまだ人も少なかったです。

登りは、ケーブルカー→1号路を歩く→頂上 (合計1時間)
下りは、4号路を歩く→サル園→ケーブルカー (合計2時間)
としました。

私たちが下山した11時過ぎには、これから登ろうとする人がかなり多くなっていました。
混雑を避けるにはやはり朝早め!と思いました。

1号路にあった「三密の道」。3密がタイムリー過ぎて思わず撮りました。
4号路の楽しいつり橋

ちなみに小学校2年生は、舗装された道が多い1号路は余裕でした。
そのため帰りは4号路に挑戦しました。

4号路は自然いっぱいのワイルドな道。柵もないので怖がる部分もありましたが、楽しく歩いていました。

それほど大変な道ではないので、登山というよりはちょっとしたハイキング程度です。

でも大自然のなか体を動かせて、爽快な気分でした。

なお、随所で自然に目を向けるための教育的な看板があり、娘も足を止めて読んでいました↓

こういう図や写真入りの分かりやすい看板がたくさんありました。

Withコロナの登山マナー

お地蔵さんにもマスクが付けられていた高尾山。

立て看板によると↓

山頂、展望台ではマスク着用

私は水分補給するとき以外はマスクは終始着けてみましたが、暑かったです。
娘は暑がりなので、4号路の山道で誰も周りにいないときは外させました。

すれ違う方を見ると、歩いてる時もマスク着用している割合は7割くらいでした。

立て看板に書かれていた通り、山頂やケーブルカー以外は密にならないので、大自然の中そこまで神経質にならないでも良いのでは?と思いました。

これからの連休も結局、密を避けるために登山かキャンプかな

ソーシャルディスタンスを保つためには、狭い娯楽施設は避けたいですよね。

となると、子連れで行ける場所は大自然の中での登山やキャンプ!

キャンプは3月くらいから全国的に大人気と聞きました。

我が家も7月、8月の連休はキャンプしかないなと思って、車で行ける距離の場所に予約を入れました。

軟弱な我が家は、キャンプは娘年中・年長で数回のみ、昨年1年生では全く…。久々のチャレンジとなりそうです。


お読みいただきありがとうございます。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ