【歯科矯正】6か月目ワイヤー矯正に入る

小3前半
hdrpl

娘の「反対咬合(いわゆる受け口)」に対する、歯科矯正(第一期)がスタートしたのは昨年の12月。

その後の様子ですが…

6ヶ月目、ついにワイヤー矯正に

スタート以降4ヶ月間は、取り外し可能なマウスピースを下の歯に装着する形でした。

毎月少しずつ歯の位置が動いてくるので、それに合わせて毎月マウスピースも作り直してもらっていました。

↑5か月目に作ってもらったマウスピース

それが6ヶ月目にして初めてワイヤー装着に変更です。

これは一般的に想像する「矯正」のイメージだと思います。取り外し不可でずっとつけています。

花子は上の歯4本だけ装着です。

夜はこれにプラスして、下の歯にマウスピースも入れて眠っています。

なかなかの重装備!やっと「矯正してます」感がでてきました。

幸いなことにコロナ禍でマスク生活のため、矯正していることはほぼ周りには気づかれません。

痛みはないの?

ワイヤー矯正は最初の3日間は痛みが出やすい、とのことで痛み止めも処方されました。

が、娘の場合、そんなに痛みはないそう。

3日間程度は「違和感がすごくある」と言ってました。

ワイヤーと唇裏が擦れて口内炎ができやすい、そのための塗り薬も処方されました。

が、こちらも今のところ大丈夫みたいです。

歯磨きが難しい

ワイヤー部分の上下に食べ物が挟まりやすいのです。

歯磨きは今まで以上に丁寧にする必要があります。

こんな注意の紙を頂きました。

歯ブラシもセットで頂きました。

親も仕上げ磨き頑張っております。


お読みいただきありがとうございます。
.......
▽ブログ村、参加しています

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
.......

▽twitter始めました!コメントもこちらへどうぞ。

七瀬ななこのtwitterへ@7se77ko

コメント

  1. […] 【歯科矯正】6か月目ワイヤー矯正に入る娘の「反対咬合(いわゆる受け口… […]

タイトルとURLをコピーしました