【いつか来る】サンタクロースは本当にいるの?の疑問

今日はクリスマスですね。

我が家は今回は花子が不在のため、ほとんど何もしてません。

花子が帰ってきたら、一応クリスマスケーキは食べようということで、アイスケーキだけは購入して冷凍庫に入れています。

そろそろ花子から聞かれそうな、あの問題

花子は小学校1年生なので、そろそろ疑問に思っているはず。

「サンタクロースは本当にいるのか?」という問題。

まだ直接的に聞かれたことはありませんが、怪しむ発言が時折あります。

どうして(子ども各々の)欲しいものが分かるのか?

おもちゃをそんなに買っても(経済的に)大丈夫なの?

どうやってお家の中に入ってくるの?

お家に来るサンタさんとは、どうして直接は会ったりできないの?

などなど言っております。

今年のプレゼントリクエストは、サンタを試すような難題

今年は「何でも言うことをきくロボット」をサンタさんにリクエストしました。

本当にサンタさんが用意してくれるか、試しているみたいです。

私も夫もサンタクロース文化はありませんでした。

私も夫も育った家庭ではサンタクロース文化はなく、初めから信じていない子どもでした。

いざ自分達の子にサンタクロースが来ることにするかどうか、2歳くらいの時迷いました。

結局サンタクロースは来る、という設定にして現在にいたります。

何歳までサンタクロースを信じているのか?

ネットで見ていたら、面白い記事を見つけました。

これによると、 サンタの存在を信じていた年齢を「6歳まで」と答えた割合は、日本が約15%、アメリカが約17%。

しかし「8歳まで」では両国とも50%弱の子が信じなくなるそうです。

またサンタクロースの存在を疑い始めるプロセスについても紹介されていました。

上記SHINGA FORUM(伸芽会)からの引用です。

サンタクロースの活動が現実的に可能なことなのか、色々と事実と照らし合わせて、矛盾点を考えて行く。

これは社会性が出てきて、思考ができるようになった証ですね。

娘から「サンタクロースは本当にいるのか?」と聞かれたら。

無理に隠すことはなく、

「実はお父さんとお母さんがあなたのサンタクロースでした」

と答える予定です。

そしてこちらの本を渡そうと、用意だけはしています。

created by Rinker
¥880 (2020/08/08 00:02:31時点 Amazon調べ-詳細)

この本は有名なロングセラーなのでご存知の方も多いと思いますが、

1897年 にニューヨークの新聞社サンに寄せられた8歳の女の子からの「サンタクロースはいるのか?」という疑問のお便りに、社説を使って丁寧に回答した内容です。

このなかでは、「サンタクロースは愛や、思いやり、真心と同じように目には見えないけど存在するものです」と説かれています。

私たちが花子を思ってプレゼントしたことは、なにもサンタクロース装ったクリスマスプレゼントだけではないです。

その奥にある親心(という見えないけどあるもの)を分かってくれるかな・・・。


お読みいただきありがとうございます。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ