【娘との会話】お母さんの命より大切なものは

先日娘と一緒に寝る前に突然、

「お母さんの命より大切なものある?」

と聞かれました。

私「それは花子ちゃん!

と即答しました。

娘「あー、そう言うと思った!」

「でもね、私は自分の命よりお母さんの命の方が大切って思えないのよ。

将来子どもが生まれたら、自分の命より大切って思えるかもしれないけど。

でもお母さんでも、子どもの命の方が大切って思えない人もいるみたいだから、それはその人の性格かな。」

    

どうして急にそんなことを言い始めたのか分かりませんでしたが、私が娘のことをとても大切に思っている、と言うことはよく伝わっていたようで安堵しました。

私も小さいころ、戦争でわが子のために命を投げ出す母親の話を読んだとき、「こんなこと私はできないけど、うちのお母さんが同じ立場だったらきっと同じことやるだろうな」と確信的に思っていました。

それが今、子どもを持つようになって「うちのお母さんだったら、自分よりも子供の命の方が大事って言うだろうな」と子に思ってもらえている。

色々と独りよがりで、娘に無理を言ったりすることもある、決して満点なお母さんとは言えない私です。そして最近は口が立つ娘と、ちょっとしたケンカになって「お母さんキライ」なんて言われることもあるのです。

ですが、娘のためを思ってお母さんなりに色んな犠牲覚悟でやっている、と娘が感じてくれている。

その娘の解釈に甘えてはいけませんが、とりあえずは色々と伝わってはいることに安堵した一件でした。

    

大分前に読み聞かせをしたこちらの本を思い出しました。

created by Rinker
¥1,430 (2019/11/20 23:02:03時点 Amazon調べ-詳細)

お母さんはいつだって泣かずに頑張っているよ、という内容が素敵なイラストとともに描かれています。

    


お読みいただきありがとうございます。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ