【公文国語】教室移籍し、自力で行くようになりました

5月GW明けから、公文の教室を移りました。

元は自宅に近い教室でした。移った先は、学校・学童に近い教室です。

     

公文のある日のスケジュールはこんな感じです。

学校から下校 → 学童に入って荷物を置き私服に着替える → 公文へ行って学習(30~50分) → 学童に戻っておやつ、学童のプログラム → 帰宅

学童と公文の教室は50m程度と至近です。同じ学童から一緒に行き帰りする子もいます。また交番のすぐ横という立地。

学童の先生にお聞きすると毎年1年生でも一人で行ってますよーとのことで、我が家も親は付き添わないことにしました。(そもそも私の到着を待っていたら夕方遅い時間になって集中力がなくなってしまう。)

新しい教室では、通うのは週1回にしていただきました。本当は週2回教室に通うのが原則ですが、他の習い事との兼ね合いから2回行くのは難しくて1回にしました。

公文に行く日は、朝から公文用の小さな手提げにスマホ(iphone)を結びつけていれています。いざというとき、花子が私に連絡を取れるようにするため。そして「iphoneを探す」の機能で、私のスマホから花子の現在地を知るためです。

公文では教室に着いたとき、そして学習を終えたとき、個人のバーコードを機械にかざすことで、親に「入室・退室メール」がそれぞれ届きます。それもかなり安心できる材料なのですが、念のためスマホも持たせている、といったところです。


お読みいただきありがとうございます。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ