【住宅】ローン控除縮小とマンション購入のタイミング

マンション購入

これから住宅購入を考えている若い年齢層には残念なニュース。

住宅ローンの控除が減額の見通しです

今までは10年間で最大400万円です。
(入居年によっては13年適応で480万、あるいは高機能認定住宅かつ13年適応だと最大600万)

これが、おそらくローン金利くらいに引き下げられようとしてます。

今までは1%の控除ですが、最大0.7%の控除となる見通しだそう。

これで期間も10年間のままならば、控除は最大280万円になります。

今までより120万円の控除の減額であり、これは実質増税ですね。

人生はタイミング、後になってみないと分からない

実は私、コロナ騒動のちょっと前にマンションを契約しました。

↓ブログにも書いていますが、実はその後当選したんです。

新築で建物自体はまだ基礎工事の段階で契約。実際の入居まで2年弱待ちました。

契約したのは東京オリンピック前でしたので「オリンピック後は住宅価格が下がる!」と言われていた時期でした。

しかも契約直後にコロナ禍に見舞われました。

日本経済、世界経済ともどうなるか分からないまま、高額の買い物を契約したことに後悔しました。

タイミング悪すぎっ、高値で掴んじゃったって。

しかし、その後新型コロナウイルスはワクチンや治療法の改善もあり、やや制御されました。

経済は持ち直し傾向、日本の住宅価格はコロナ前よりさらに上昇し、オリンピック後下がるということは今のところない状態。

加えて、今回のニュースでは住宅ローン控除の縮小が言われ始めました。

最近その購入マンションへの入居だったのですが、「あれ?タイミングとしては最悪ではなかった?!」と。

いや本当にどうなるかは分からない…

(この住宅購入の話、コロナショック直前~直後にまたがる慌てる体験だったので、反面教師としてまた詳しく書きたいと思います。)


お読みいただきありがとうございます。
.......
▽ブログ村、参加しています

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
.......

▽twitter始めました!コメントもこちらへどうぞ。

七瀬ななこのtwitterへ@7se77ko

タイトルとURLをコピーしました