【今日も】病院での集団感染のニュースと雑感

今日も病院での集団感染のニュース↓

感染を知っていながら病院側が「経営判断で」公表していなかったということも一部メディアでは報じられています。

これは酷いですね・・・。

しかし、私が勤める病院でもコロナ対応をめぐって「経営側 vs 医療従事者側」という構図を感じる場面があったり。

そして医療従事者内でも、「第一線スタッフ vs その他スタッフ」でも対立場面が出てきています。

以下、個人的な雑感ですが・・・

多分COVID-19のためのワクチンが開発され、途上国を含めた世界中で接種されるまで、どんなに早くても2年はかかるでしょう。

特効薬というのはインフルエンザ同様なく、ある程ウイルス増殖を抑えるのみで、重篤な合併症を完全に予防はできないのでは?と思います。

インフルエンザもタミフルをはじめ薬がありますが、それでも不幸にも脳症など重篤な合併症をきたしたときは死に至ります。

COVID-19に対して世界中が免疫を獲得するまでは、どこかで爆発的に罹患者や死者が出る、というのがモグラたたきのように起こりそうです。

世界中の人が免疫を獲得したとしても、新たな変異ウイルスによるパンデミックが起こる可能性は残ります。

地震や水害、火山の噴火と同様、疫病というものもやはり人類にとっては切り離せない。

After コロナで元の生活を取り戻すことを考えるより、
Withコロナ/Withまだ見ぬ疫病として社会や医療の仕組みをどうすべきか、
考え直した方が良いのではと思います。


お読みいただきありがとうございます。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ