【二月の勝者】ドラマ第2話と第3話の感想

SAPIX

ドラマ「二月の勝者」の第2話、第3話の感想です。

私はリアルタイムで観れないので、Tverの見逃し配信で見ています。

放送後1週間だけ無料で見れるようになっていますので、気になる方はどうぞ↓

第2話「鉄道オタク」は中受に有利は納得

第2話でフォーカスが当たったのは、鉄道オタクの加藤君。

塾の教室の窓から見える電車に夢中で、授業には身が入らず、テスト結果もよろしくない。

そんな彼には「鉄道研究会」がある学校を志望校にさせ、やる気を出させる。

また鉄道好きな子=「地理に強い」
そして数字も嫌いではない、ダイヤグラム理解はばっちり、という特性も活かせる。

そんな長所を生かした受験を黒木先生は指南しましたね。

「オタク」は勉強に強い、研究向き?!

私は全く「オタク」になれない気質なのですが、周りの医師は「オタク」が多いです。

やはり「鉄道オタク」は鉄板で、特に科の特性もあるのかもしれませんが集まってます。

で、そういう方はやはり仕事において、とことん深堀りできる強さがあるんですよね。

何事もそこそこでさらっと終わらせようとする「非オタク気質」な私から見ると、そういう人は研究に向いているなと感じます。

仕事においてではなくとも、夢中になれる何かがある「オタク」は、それが趣味となり人生を豊かにしてくれるので、羨ましいなと思います。

第3話は、女医母が出てきました

第3話でフォーカスが当たった、成績優秀女子のかれんちゃん。

お母さんは女医さんで、高岡早紀さんが演じられました。

高岡さん、お美しい。女優さんはお年を重ねても美しさをキープしているのはさずがだなと思います。

にしても、旦那さま単身赴任で不在のなか、女医母さんも帰宅が23時とかいうのはちょっとどうなんでしょう?
リアリティが逆にないというか。

女医の場合、総じてかなり教育熱心です。
かつ臨機応変に働き方を変えることができますから、旦那さん不在+小6の子がいたらもっと融通が利く職場に変わるような…。

この第3話、小6女子特有のめんどくささとか、大人をも傷つける鋭さとか、よく表れていたなと感じます。

鶏口牛後タイプ

かれんちゃんは、結局優秀児が集結するルトワック(サピックスがモデル)の最上位クラスでのビリにいることよりも、

中堅塾の桜花(リアル世界のどこの塾がモデルかわかりませんが)でトップにいる方が向いているし伸びる、ということでした。

でもこれは、かれんちゃんに限らず、多くの子はそうじゃないかな

まさに「鶏口となるとも牛後となるなかれ」ですよね。

自分の適性を知るのも大切

うちの子はサピのクラス分けで、調子がいいと1番上のクラスに入ってしまいます。

しかし本人曰く「上から2番目のクラスがベスト」
(より細かく言うと、国語は一番上でいいけど、算数が2番目のクラスがいいと。
サピって教科ごとにクラスは変えられないですよね・・・)

一番上のクラスで圧倒的トップだったら問題はないのでしょうが、うちの子は1番上のクラスだとボトム層。

なので「授業ペースが合わない、とくに算数」と本人が言っています。

次点クラスだと授業ペースも少しゆったりとし、「できる子」ポジションになるのだとか。
たぶんそのほうが居心地はいいのでしょう。

特にこのドラマや漫画も娘には見せていませんが、自分なりに適性が分かってますね。

・・・

↓単行本では「13巻」が最新刊で、6年生12月までお話が進んでいます。


お読みいただきありがとうございます。
.......
▽ブログ村、参加しています

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
.......

▽twitter始めました!コメントもこちらへどうぞ。

七瀬ななこのtwitterへ@7se77ko

タイトルとURLをコピーしました