【やはり】医療福祉従事者の感染

仕事のこと

新型コロナウイルスですが、勤務医や開業医の感染、看護師の感染、保育士の感染、老人保健施設の感染が次々と報道されています。

医療福祉系の直接人に触れる仕事の宿命ですね。

新型コロナは今のところ医学雑誌上の報告では、死亡率はそれほど高くない。

だけど世間一般では強い不安感は払拭されていない。

そのため医師や看護師に感染が確認された病院は、今のところ外来機能をある程度制限せざるを得ない状況です。

院内感染は防がねばならないから。

私も今かかったら、陽性だったら、勤務先に迷惑をかけてしまうなーという思いでここ1ヶ月過ごしています。

今の状況では病院名を報道されます。

病院名報道は、病院にとってはかなりの痛手です。

特に都会は周りに競合病院はいくつもあるので、かかりつけの患者さんだって逃げてしまいます。

その分の減収額はかなりの額です。

私の業務の内容も、コロナの一件で期間限定ではありますが変わってきました。

防御も1段と厳しくなりました。

やはり医者の仕事は綺麗な仕事ではないなと思います。

飛沫では結核感染のリスク(これは忘れた頃に衝撃的な症例がきます)、針刺しでB型C型肝炎やHIVのリスク…

その辺りの覚悟が必要なこと、今回の件でも改めて感じます。


お読みいただきありがとうございます。
.......
▽ブログ村、参加しています

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
.......

▽twitter始めました!コメントもこちらへどうぞ。

七瀬ななこのtwitterへ@7se77ko

タイトルとURLをコピーしました