【本気で?】Go to キャンペーン開始まで1週間

世の中のこと

国内旅行促進のGo to キャンペーン。
開始まで1週間となりました。

旅行を促進して、瀕死状態の旅客業や観光業を潤すのが趣旨だそうです。

が、今このタイミングでやるのは危険だと思います。

青森県むつ市の宮下市長が「キャンペーンによって感染拡大に歯止めがかからなければ、政府による人災だ」 と仰ったそうですが、このご意見に完全に同意です。

都市部から地方へとCOVID-19も大移動することになります。
2週間後くらいから地方都市でもCOVID-19の感染数が一気に増えると思います。

地方によってはそれだけの陽性者に適切に対応できる医療機関がなく、医療崩壊が危惧されます。

地方観光業を助けるつもりが、とどめを刺すかもしれません。

抗原・抗体検査、PCR検査について誤解が多いようですが…。

Go toキャンペーンについて、大阪市長が「利用者は抗体検査を」と発言しておられますが、医学的には全く持って意味不明で、多分検査について何もご理解されていないのだなと思いました。

「Go Toキャンペーン」利用者に抗体検査を 大阪市 松井市長 | NHKニュース
【NHK】政府の消費喚起策「Go Toキャンペーン」が今月22日から始まることについて、大阪市の松井市長は人の移動による感染拡大を…

抗原・抗体って何? PCR検査との違いは?と疑問に思った方は、こちらの惣那先生の説明が分かりやすいです↓

抗体検査・抗原検査・PCR検査 どう使い分ける?(忽那賢志) - 個人 - Yahoo!ニュース
5月13日に抗原検査が承認されました。また厚生労働省より抗体検査の結果が発表されるなど、抗原検査、抗体検査、PCRに関するニュースが流れています。これらの検査はどのような違いがあるのでしょうか。

そもそも抗体検査は感度・特異度も高くない。
そんな不確かな検査を1回やっただけで、何も結論付けられない。

抗体が陰性だったら旅行できる、むしろ陽性だったら旅行できる、と判断するのでしょうか?

話を分かりやすくするために、検査に偽陽性・偽陰性がないと仮定すると・・・

抗体陽性でかつ症状なしの人が一番無敵なわけです。新たに同じウイルスと接触しても抗体が存在すれば免疫ですぐやっつけられるでしょう。だから移動しても大丈夫と言えます。

しかしこのような抗体陽性の場合、抗原がまだ陽性の可能性もあり、これだと不特定の方にウイルスを移すかもしれません。

一方で抗体なしの人は、旅行先でウイルスをもらってしまうかもしれない。そして重症化する可能性もあります。
旅行先に絶対ウイルスがいない保証はないのです。

検査ってそんなに簡単ではないし、絶対的なものではないのです。


お読みいただきありがとうございます。
.......
▽ブログ村、参加しています

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
.......

▽twitter始めました!コメントもこちらへどうぞ。

七瀬ななこのtwitterへ@7se77ko

タイトルとURLをコピーしました