【手が離せないとき】知育菓子に助けられています

わが家はひとりっこなので、休日家にいるときは娘から「おかあさん、あそぼ!」と誘われてしまいます。

ちなみに夫はほとんど誘われません。娘曰く、夫とは遊び方が違って面白くないからだそう。うん、わかる。

もちろん娘に誘われるのは嬉しいし、かけがえのないことだと思いますが、手が離せないときもあるわけで。

そんなとき、「じゃ、これでお菓子つくって待ってて!」と渡しています。

クラシエの知育菓子シリーズです。

クラシエ 知育菓子 ポッピンクッキン つくろう!おべんとう (1個)
クラシエフーズ

手を使ってそれなりに工夫する必要があるものばかりです。1箱渡せば、うちの娘の場合は30分弱くらいは集中して楽しんでいます。

甘いもの…というのを気にされる方もいるかもいるかもしれませんが、TVや動画を見せて待たせるよりも、知育菓子あそびのほうが能動的です。罪悪感が和らぎます。

わが家はまとめ買いして「いざ」というときに出しています。

年長さんくらいからは、説明イラストと文字をみて一人で作れると思います。それより小さい子は親がお手伝いしたり、はじめは一緒に作ってあげないと難しいかな。

かなりおすすめなのでお試しください!


お読みいただきありがとうございます。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
スポンサードリンク