【仕事】10年という年月の怖さ

10年くらい前にも一緒に働いたことのある先輩(男性)が異動されてきて、再び同じ職場で働いています。

10年くらい前、その先輩は40歳になりたてだったはず。

先輩の持つ知識量は私にとって圧倒的で、色々なことを教えて頂きました。

私にとって良い影響を与えて下さった、とても感謝している先輩の一人です。

しかし今回一緒に働いてみて、あれれ・・・?

不遜ながらもあれれ?それ違っているんですけど?と思うこと多数です。

生意気を言って申し訳ありませんが、知識のアップデートができてない。

専門以外の分野について忘却されているものが多い。

仕事の確実性が落ちている。

思い起こせば10年前から前兆はあったのかも。

確かに10年位前も、あまり土日の学会や研究会などには顔を出さない方でした。

そして論文を書いた業績もここ10年以上なく、読んだりもあまりしない様子で。

やはり努力しないと確実に仕事の能力は落ちて行く。

10年という年月の積み重ねが、今のその人を作っているんだなと、反面教師として見ています。


お読みいただきありがとうございます。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ