【モヤモヤ】ボーナスをもらえる・もらえない立場

6月といえばボーナスの季節。

私も医者になってしばらくボーナスというものがもらえない立場でした。
意外と思われるかもしれませんが、研修医とか、レジデントとか、医員とか色々な名前がついた非正規職というトラップが医者の雇用には多く、ボーナスもらえないない若手は実に多いのです。

そのボーナスがもらえない時代は、もらっている上の先生より長時間サービス残業もしているのにもらえないんだ…とかなり嫌な気持ちがして同期と愚痴りあっていました。

未だにモヤモヤさせられます

さて今は歳も取り役職も上がりもらえる立場になっているわけですが、同じ科のドクターの中には毎日正規職員と同じように働いても、役職上ボーナスをもらえない人もいます。(今の病院だと研修医とか、嘱託医という非正規雇用の方たち。)

これがなかなか気まずくて…。ボーナスの話題はその方々の前では出さないように気を遣っています。

うちの病院は普段の給与明細はオンラインで各自確認なのですが、なぜかボーナスだけは紙に印刷されたものが封筒に入れられ、上司から渡されるという風習になっています。

前の上司は、ボーナスをもらえない立場の人に配慮して、もらえない人がいない時を見計らって、毎回封筒を渡してくれていました。

「自分ももらえない立場の時イヤな思いをしたから」と言ってました。

それが…
新しい上司はそんなのお構いなしで封筒を渡してくるので…気まずいです!

なりたくて非正規雇用になっているのではない、という人がほとんどなのでなおさら不公平感があり、非常にモヤモヤさせられます。

特に今、都会で医者として働いている若手は、分野によりけりですが多くは労働力は飽和していて良い場所の正規職は埋まっていると感じます。
私の時代よりも、給与面で恵まれるポジションにつくのが難しくなっているなと感じます。


お読みいただきありがとうございます。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ