【コロナ不景気】アパレルでも病院でもリストラ

アパレル大手ワールドが、一部ブランドの廃止と358店閉鎖、希望退職200人募集だそうです。

ワールドは愛用しているのでショックです。

娘の洋服で0歳からお世話になってきた「3can4on」や 「HUSHUSH」も廃止となるそうで悲しいです。
生地も縫製もよくって、デザインも可愛いものがほどほどのお値段だったのに。

私の勤務先でも「人員整理」の話が出てきました。

病院の売り上げもコロナの影響で減ってきております。完全に不景気です。

とりあえずは非常勤で来てもらっている医師に、ここから半年程度で随時辞めていただく形で「人員整理」するのだそう。

正規職員についてはまだ何も言われていませんが、いまの状況が1年以上続けば、正規職員も対象になるのかもしれません。

うちの病院に限らずコロナの影響で、病院のボーナスが大幅減額されたり、医師のバイト先が減ったり、異動が一旦白紙になったという話も耳にします。
また開業医の収入も大きく減っていると嘆いていました。

医療職が安定している、という定説は、コロナ禍で脆くも崩れ去ったようです。

若手医師にとってはなかなか厳しい時代になってきています。

実際、10学年下の医師が「妻にも働いてもらわないと都内で生活はできない」と愚痴をこぼしていました。

彼は医者になってからの年ごとの収入をグラフ化して見せてくれたのですが、確かに私の時代よりも収入が上がるのにずっと年数がかかっています。

体感としては10年生まれた時期が違えば、医師としての収入やQOLがどんどんランクダウンしていると感じます。(増税もありましたしね。)

なので、これから医学部を目指そうと思っている中高生や親御さんには、「医者の収入は、期待されるほど良くないですよ!」ということを強調したいです。

とくに親も医師ではない(継げる優良医院を持たない)場合は、一昔前のようなイージーモードとはいきません。

田舎ならいざ知らず、都会なら医者よりも稼げる仕事をしている人は沢山いますからね。
収入面だけで医学部を選ぶと、肩透かしにあうと思います。





お読みいただきありがとうございます。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ