【やっぱり…】さいたま小4の事件

最初の報道では、小学生4年の男子が通塾の道中のどこかでで殺害されたようだ、ということでした。

そのためお子さんを一人で習い事や塾にいかせている同僚たちは、一人の夜の道どうしよう?と言い合っていました。

私もまだ娘が完全に一人で習い事へ行き帰りするということはさせてませんが、そろそろ片道だけでも一人でさせようかな…と思っていた矢先でした。

その後状況が明らかになって、結局継父の逮捕となりました。

最近の継父とか内縁の夫による虐待死の事件も多かったので、やっぱり…という気持ちになりました。

もちろん実の親以上に愛情のある継父もいらっしゃるとは思いますが、確率的にいうと要注意すべき存在です。

野生動物の世界だって、オスは自分以外のオスの子を殺したりしますからね。

本能的に存在が許せないのでしょう。

そこを理性でカバーするのが人間のはずが、「ヒト」になりきれてなかったみたいですね。

こういう継父の事件があると、必ず母親は何をしてたんだ?どうしてそんな男とくっついた?という母親攻撃が起こります。

いやいや、一番悪いのは殺したその男。

母親批判は違うんじゃないの?と思います。

子を亡くし、信じていたはずの男にも裏切られたこの状況は、生き地獄でしかないと思います。

見る目がなかったかどうかは本人が一番痛く感じていることでしょうから。

お亡くなりになった男の子のご冥福をお祈りします。


お読みいただきありがとうございます。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ